シンプリストの部屋

シンプルな生き方で幸せに!

【デスク編】プリント収納

プリント類のおすすめ収納 

 

デスク周辺は主に勉強・作業スペースで使うことが多いです。

特に、そこで求められるのは”やる気””集中力”が続く空間ですよね。

そのためには意識が散るものを極力減らさないといけません。

今回はプリント類のおすすめ収納を紹介をしていくので良ければご覧ください!

デスク周辺で気をつけるポイント

デスク周りの収納で特に気をつけるポイントは一つだけです。

基本的に作業スペースには必要最小限のものしか置かないようにしましょう。

例えば、、、

・勉強のとき”ペン””教材”だけ。

・データの打ち込み”パソコン””メモ”だけ。

のよう必要のないもの以外は片付けるようにしましょう!

そうすることで自分のやるべきことが明確になり、意識が散漫しなくなります。

 

デスク周りの収納ポイント

・作業スペースのモノは最小限にする

溜まってくるプリント類

ではここからはデスク周辺に溜まってしまいがちのプリント類をどのように収納すれば良いか話していきます。

NG行動

・分類せずに積み上げて管理する

・要らないものまで保存する

まずプリント類の管理方法として絶対にNGなことがあります。

それは”積み上げて管理すること””要らないものまで保存しておくこと”です。

 

・NG1積み上げて管理すると?

家に持って返ってきたプリントや資料をポイッとしてそのまま置いてしまう人は多いです。

もしあなたもそうしているのならその行動を見直してみましょう。

確かにパッと何も気にせずに置くのは楽なことですが、多くのデメリットがあります。 

気にせずに積み上げてしまうことで必要なプリントを探し出す時に無駄な時間がかかってしまいます。。

そして、探し物をしているせいで気付けば集中力がなくなっていたり、別のことをしてしまったりします。

なので乱雑に積み重ねて管理するのはやめましょう。

・NG2要らないモノを保存すると?

要らないモノをそのままにしておくのもNG行動です。

プリントや資料などは、気づかない間にプリントや資料はどんどん溜まっていきます。

それによる弊害が、必要なプリントや課題レポートが把握できなくなるという点です。

要らないモノまで置いておくと情報が多すぎて管理がおろそかになってしまいます。

なので必要のないと判断したものはしっかりと処分するようにしましょう。

 

もし処分して良いか迷うモノが出てきたときは、スマホやパソコンにデータとして残して捨ててしまいましょう。

プリント類のおすすめ収納方法

www.instagram.com

基本的にプリントは所有した当日に処理することにしましょう。

溜めてしまうことで処理するのが億劫になってしまうのを防ぐためです。

そのために3種類の分類しましょう。

今回は僕なりの3つの分類箱を紹介しますが、これは臨機応変に変化させてください。

3つの箱で分類!

・提出プリント箱

・保存プリント箱

・処分プリント箱

提出プリント箱

課題やレポートなど〆切のあるプリントを入れるコーナーです。このコーナーはできるだけ溜めないようにすることで課題に追われることがなくなります。

保存プリント箱

基本的には捨てられないけれど、今後必要なモノを一旦入れておく場所です。このコーナーは分類のためだけに使い、次の日にはしっかりと別の場所にしまうようにしましょう。

処分プリント箱

ここは単純に要らないプリントを入れるコーナーです。ゴミ箱にそのままプリントを捨てずに一旦ここに分類するのは、正常な判断を促すためです。分類をせずに処分をしてしまうと、必要なものまでポイっと捨ててしまう可能性があるのでリスクを避けましょう。

収納ボックスの紹介 (シンプル3点)

上記の収納方法のために使いやすい収納ボックスを紹介します。

まずはシンプルな形のケース3点です。

A4ファイルケース(ニトリ)

ニトリ製のファイルケースです。これから紹介するケースのなかで最もシンプルに作られており、迷ったらとりあえずこのケースを買っておくのは間違いなしです。

A4レターケース 浅3段深1段

このケースもとてもシンプルなものとなっています。上部3段が浅型で下部1段が深型の構成です。一番下の深型部分も使い方次第で便利に使えます。

A4ファイルボックス 片側斜辺

このファイルケースはプリントを立てて入れるタイプとなっています。このタイプの良い点として、プリントが入っているかどうかが一目でわかるのでおすすめです。

収納ケースの紹介(機能性2点)
投げ込み型ファイルボックス 6分類

シンプルかつ機能性を求めたい方にはこのファイルケースがおすすめです。このファイルケースは6分類までできるので、”〆切期限明日まで””一週間以内”などさらに細かく分類することができます。几帳面でしっかりと管理したい人はこのファイルボックスが一番良いでしょう。

レタートレイ クリアタイプ

このレタートレイはクリアタイプとなっています。なので一番の魅力がどこからでもプリントが溜まっているかどうかがわかるという点です。プリントを溜めたくないと思う人はこのケースがおすすめです。

 

必要なものと必要でないものを分ける大切さ

大切なプリントや資料を無くさないためには、しっかりと分類をすることが大切です。 

仕事ができる人は整理整頓がしっかりとでき、仕事ができない人はあまりできないとも言われています。

今回紹介したものを参考に、仕事ができる人になってください!