買ってからでは遅い!? 中古AppleWatchを後悔する前にしっておくべきこと

スポンサーリンク

中古AppleWatchを買うときの注意点

 

f:id:kaaa_booo:20180919145606j:image

 

2018年9月12日Appleの新製品の発表会がありましたね!

そこで新作AppleWatchのseries4や新作iPhoneの iPhoneXs iPhoneXs Max iPhoneXrが発表されました!

(ほかの製品の発表がなかったので、ちょっとがっかりはしましたが、、、)

それでも新作の登場はウレシイことです!

 

そこで、、

新作Apple製品が出るとみんな購入しますよね?

iPhoneもAppleWatchも買い替える人が続出すると思います。

 

そこを狙い目に中古のApple製品を買う人も多いのではないでしょうか??

 

そんな僕もやはり出来るだけ安くでAppleWatchを欲しいと思っています、、 

「ただ、やっぱり値段が高い!!」のでなかなか手が出せません。。

 

しかもAppleの公式ホームページではすでに安かった古いモデルがなくなっていてseries3とseries4しか販売されていません。。

それぞれの一番安価なモデルでも

series3:31800円

series4:45800円

 

これで一番やすいモデルですよ!笑

やっぱり高いですよね、、

 

Apple Watch series4が登場して series3は少しだけ値段が下がりましたがそれでもまだ3万円を超えています、、

 

そこではじめに言った中古が狙い目です!

中古なら比較的やすい値段で購入できるのでお金に余裕のない人でも気軽に購入できます。

ただし、中古を購入するときに気をつけないといけない点があります、、

 

ご存知でしょうか?

バッテリーアクティベーション解除ではありませんよ。

注意すべき点とは、

『一番古いモデルのApple Watchはアップデートの対象外となっている!』ということです。

  

このことは案外知られていません。

(ちなみに初代Apple Watch series7000Apple Watch series1は別モデルです。)

 

せっかくAppleWatchを買ったのに、アップデートされなかったら悲しいですよね、、

 

なので、今回は中古AppleWatchを買うときの注意点について書いていきたいと思います!

 

 

中古Apple Watchのあれこれ

中古Apple Watchに気をつけること

 

f:id:kaaa_booo:20180919145402j:image

 

早速中古AppleWatchを買うときの注意点を書いていきたいと思います。

 

・モデルをしっかり確認

・アクティベーションが解除されているか確認

・データの初期化がされているか確認

・バッテリーがしっかりあるのか確認

・保証があるのかないのか

・付属品はついてくるのか

 

主に気をつける点はこれらです。

 

モデルをしっかり確認

 

f:id:kaaa_booo:20180919145840j:image

 

はじめにも言ったように初代AppleWatchは最新のOSにアップデートできません。。

言い方が悪いかもしれませんが、初代のAppleWatchはすでに見捨てられたモデルとなってしまいました。

 

ちなみに最新のOSであるwatchOS 5で加わる機能は

・アクティビティの共有:別のユーザーとアクティビティバトル

・自動ワークアウトの検出:自動でワークが始まったことと終わったことを検出してくれる

・新しいワークアウト:新しいワークアウトとしてヨガとハイキングに対応

・新しいランニング機能:ランニングのための高性能な機能追加

・トランシーバー:世界中のApple Watchを持っている人と簡単にコミュニケーションがとれるように

・Podcastアプリ:Podcastの機能がApple Watchにも搭載

・Siriのアップデート:Siriがアップデートされより賢いものになる

・強化される通知機能:通知機能が強化される

・学生用のIDカード:学生のIDカードの代わりとしてApple Watchを使えるようになる

・新しい文字盤の登場:新しいレインボーの文字盤も登場する

 

以上がwatchOS5に搭載される新しい機能なのですが初代のApple Watchはこれらの機能が搭載されません、、

 

上の機能がいらないのなら中古を購入するときに初代のApple Watchでもいいのですが、この先アップデートはほぼ確実にないので初代は廃れていく一方です。

なのでこの先もアップデートをしてしっかり使っていきたいと言う人はモデルをしっかり確認した上で購入するようにしましょう!

 

 

 

 

見分け方はApple Watchの裏面の文字盤に

「7000 series」と書いてあるものが初代のモデルです。

これは中古出品者の方も多く間違えることなので、ネットで購入する際にはしっかりと自分で確認するようにしましょう!

 

アクティベーションが解除されているか確認

 

アクティベーションとはアップル製品の盗難防止のためにある機能なのですが、その機能が解除されないまま中古として出品されていることがまれにあります。

 

『アクティベーションが解除されていないとAppleWatchを使用することができません!』ので購入する際には十分気をつける必要があります。

 

解除するには前の持ち主のAppleIDが必要なので簡単には解除が出来ないものとなっています、、

 

Apple製品の中古販売で最もトラブルになりやすいのがアクティベーションロックなのでこの点についてもしっかり確認をするようにしましょう!

 

 

www.sunaoni.net

 

 

データの初期化がされているか確認

 

データが消去されているのか。これもしっかり確認する必要があります。

データが消去されていなければパスワードなどが設定されたままとなっています。

それを解除するのには購入者に直接聞かないといけないので購入前に確認しましょう。

 

 

バッテリーがしっかりあるのか確認

 

f:id:kaaa_booo:20180919145504j:image

 

バッテリーの持ち具合もApple Watchを使用する上で大切なことです!

公式発表では最大駆動時間は18時間となっています。

前回の持ち主の方がどのくらいApple Watchを使っていたのかはわからないので出来るだけ確認するようにしましょう!

もし購入したAppleWatchのバッテリーが2時間しかなかったらショックですよね、、

 

 

保証があるのかないのか

 

Apple CareProtectionPlanforMacBookPro MD013J/A

 

 

保証が残ってるのかも中古を買う上で大切なこととなってきます。

古いApple Watchなら期限が切れているかもしれませんが、比較的新しい シリーズを買うのならApple Careが残っている可能性があります!

 

Apple careがあれば修理する時も安心なので、壊す危険性のある人は少々値段が高くてもApplecareが残っているものを購入するのをおススメします!

 

 

 

付属品はついてくるのか

 

f:id:kaaa_booo:20180919145514j:image

 

中古を買うのに付属品が付いてくるのか非常に重要なポイントです。

純正のApple Watchのケーブルを買うと3500円なのでケーブルが付いている方がお得感がありますよね。

 

 

 

 

またこれは偏見なのですが、

箱が残っている人は比較的本体も綺麗に扱っている可能性があるように思います!

勝手な予想なのであてにはなりませんが、、、

 

なので箱があるかどうかも購入する際の一つのポイントになると思います!

 

 

 

 

以上が中古Apple Watchについての注意点でした!

 

最後に中古Apple Watchの値段の相場をかんたんに紹介して終わりたいと思います!

 

 

 

中古AppleWatchの相場 

 

f:id:kaaa_booo:20180919145541j:image

 

初代Apple Watch 7000 series:18000円

 series1:20000円

 series2:25000円

 series3:30000円

 series4:40000円

 

文字盤やバンドによっても値段は大きく変わってくるのですが相場はこんな感じになっています。

 

購入する際の参考にしてください!

 

 

 

まとめ

 

以上が中古Apple Watchのあれこれでした。

最後もう一度まとめとしてポイントだけ記載しておきます。

 

注意点

・モデルをしっかり確認

・アクティベーションが解除されているか確認

・データの初期化がされているか確認

・バッテリーがしっかりあるのか確認

・保証があるのかないのか

・付属品はついてくるのか

 

 WatchOS 5の機能

・アクティビティの共有

・自動ワークアウトの検出

・新しいワークアウト

・新しいランニング機能

・トランシーバー

・Podcastアプリ

・Siriのアップデート

・強化される通知機能

・学生用のIDカード

・新しい文字盤の登場

 

中古Apple Watchの相場

・初代Apple Watch 7000 series:18000円

 ・series1:20000円

 ・series2:25000円

 ・series3:30000円

 ・series4:40000円

 

 

Apple Watchを購入する際にこの記事が参考になれば幸いです。

参考になれば他の友人にもシェアをお願いします。

以上最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク