隣の芝は青く見える、けど、自分の芝はもっと青い!

スポンサーリンク

隣の芝は青く見えてしまうのはどうして?

「あーあの人はすごいなぁ、、」

「あんなにできる人なんて羨ましいなぁ、、」

 

そんなふうに隣の芝を青く見てしまうことってありませんか??

 

僕はすぐに見てしまいます、、、

でもそれって、、

決して一朝一夕でそうなってるわけではないんですよね、、

 

一つ一つの積み重ねが良い芝を作っている。

 

その積み重ねに気づくことで隣の芝に対して羨むことがなくなり、

なんといっても自分の持っている大切な芝に気づくことができます!

 

今回はそんな自分の持っている宝物に気づいてもらえるように

隣の芝の話に沿って解説していきたいと思います。

 

 

 

隣の芝は青く見える

 

意味

他の人のものは自分が持っているものと同じものだとしてもいい風に見える

 

という意味なのですが、

この実感ってありますよね??

 

例えば 、

 

隣の人がとってもいい車を持っていたとしたら、

羨ましく思う。

たとえ自分がいい車を持っていたとしても、、

 

その経験こそが隣の芝は青くみえるということなのですが、、

 

どうしてそれは青く見えてしまうのでしょう??

 

次はその原因を考えていきましょう!

 

 

原因

 

主に考えられる原因は2つあります。

・いいところしか見ない

・自分にないものを見ている

 

いいところしか見ない

これは例えば先ほどの車の例でいうと、

 

隣の人がいい車を持っていたとします。

けれどその車には多くの傷があります。

でも他人からすれば、そんなことは全くと言っていいほど気になりません。

 

自分だったらとっても気になるのに、、、

 

このように人の持っているものなら、細かいところは気にならなくなるのです。

 

「その車いいじゃん!」

と大きいフレームでしか見なくなるから、青く見てしまう。

これが一つの原因です。

 

自分にないものをみている

 

これは単純です。

 

自分jに持っていないものは欲しくなる。

 

この心理は人の本能です。

だから仕方ありません。

 

でもじゃあこれらを改善すれば、自分の大切なものに気づくことが出来るの??

 

「出来ます!!」

 

なので次は、先ほど挙げた原因を改善する方法についてポイントを上げていきます!

 

 

3つのポイント

 

ポイントは3つ!

・背景を考える

・ないものねだりで自分のモノを見失わない

・行動あるのみ

です!

 

背景を考える

 

どうして隣の芝が青くなったのか?

はじめにも言ったようにそれって一朝一夕でそうなってはないですよね、、、

 

芝はそんなに綺麗には育ちません。

世話をして、手入れをして、

一つ一つの積み重ねがいいものを作っているのです!

 

でもそれを見る人は結果しか見ない、

芝がきれいに整っているという結果しか見ない。

 

それがギャップを生んでしまっているのです。

 

隣の芝が青く見えるけれど、その背景には多大な苦労があります。

 

その背景を想像することで、少なくとも単純に羨ましいと思うだけにはならないでしょう!

 

ないものねだりで自分モノを見失わない

 

ないものねだりをするのは人の本能なので仕方のないことです。

が、

ないものねだりをした結果、自分のものを見失うことが危険です。

 

 

人の持っているものをうらやましく思う、それは仕方のないことです!

 

ただ忘れてほしくないのは

自分が持っているものも、ほかの人にとっては特別なものなのです!

 

自分にとってしょうもないものだと思っていても、ほかの人にとって本当にうらやましいものかもしれません。

 

だから自分の持っているものを再確認してみてください!

隣の芝をうらやましく思わなくても、十分満足できるものをすでにもっているかもれませんよ!

 

 

行動あるのみ

 

最後の方法は、

行動することです!

 

隣の芝が青いのであれば、自分の芝をそれ以上に青くするように努力する!

 

とことん隣の芝のいいところをマネする。

 

そうして他人の羨ましいと思うところを全部自分に吸収する。

原因を改善するポイントの3つ目です!

 

 

伝えたいこと

 

簡単に上の記事をまとめると、

 

隣の芝を青く見る原因として

・いいところしか見ない

・自分にないものを見ている

 

それを改善する方法として

・背景を考える

・ないものねだりで自分のモノを見失わない

・行動あるのみ

 

ということでした!

 

そして、、

 

隣の芝を青く見るのは自由だけど、

それのせいでせっかく持っている自分の宝物を見落とさないようにしてください!

 

隣の芝は青いけど、

自分の芝はもっと青いかもしれない。

 

主観的に見ると、自分なんか、、

って思うかもしれないけれど、

客観的に見ると、すっごく大きく綺麗に手入れされている庭かもしれない!

 

そんな自分の宝物を見落とさないように、

既に持っているものを大切にして下さいね!

 

www.sunaoni.net

 

スポンサーリンク