断捨離を後悔しないために3つのポイントを絶対に守ってください

スポンサーリンク

後悔しない断捨離

 

f:id:kaaa_booo:20180925214256j:image

 

「ものを捨てたいけれど後悔はしたくない。」

「断捨離の仕方がわからない」

「過去に断捨離に失敗してもう断捨離はできない」

 

断捨離することはいいことだというのを聞くけれど、必要なモノまで捨ててしまいそうで怖いですよね。。

 

実際に必要なモノを捨てて後悔してしまっている人もいるのではないでしょうか?

「あぁ、、あの時に捨てたあれがあったらな。。」 

 

そんな僕もしっかり断捨離に失敗したことがあります。。

なので今回はその反省を生かして、断捨離を後悔しないために3つのポイントをまとめました。

 

人生を変える断捨離

人生を変える断捨離

 

 

 

断捨離とは

 

「そもそも断捨離って何??」

そんな疑問を持っている方のためにまずは簡単に断捨離を説明します。

 

断捨離とはモノを捨てる行為』と一般的には認知されていると思いますが、実際は少し違います。

 

本来の断捨離とは、

断;モノを断る

捨;モノを捨てる

離;モノの執着を離す

この3つの意味がそろって断捨離と言います!

 

『断』必要でないものを断り

捨』いらないものを捨て

『離』モノの執着を離す。

これが本来の断捨離の意味です。

 

ただし、今回は『捨』という言葉にフォーカスを当てて話していきたいと思います。

理由は一般的に断捨離とは『物を捨てる』行為だと認知されているからです。

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 

 

断捨離する理由とは?

 

f:id:kaaa_booo:20180925214306j:image

 

断捨離をする理由とは何でしょうか?

「部屋をスッキリさせるため?」

「ストレス発散のため?」

「モノが邪魔だから?」

すべてが断捨離をする理由だと考えられます。

 

それらをまとめたものが

・整理整頓が楽

・気持ちがすっきりする

・ストレス発散

・過去を思い出さないために

です。

 

主に上の4つの理由のために断捨離をするのではないでしょうか?

 

ではこれらの目的のための断捨離を後悔しないためにはどうすればいいのか?

後悔しないための方法について話していきます。

 

www.sunaoni.net

 

 

断捨離を後悔しないために3つのポイント

 

f:id:kaaa_booo:20180925214256j:image

 

 断捨離を後悔しないための重要なポイントは3つです。

 

・勢いで捨てない

・使っている姿を想像する

・天秤にかける

 

これらを守りさえすればこの先の断捨離ライフで失敗することは絶対にないです!

ではそれぞれの説明をしていきますね。

 

 

勢いで捨てない

 

f:id:kaaa_booo:20180925214243j:image

 

断捨離をしていて一番後悔する理由は『必要なモノまで捨ててしまった』ということです。

 

どうして必要なモノまで捨ててしまうのでしょうか?

 

理由は簡単です。

 

『断捨離という行為に快感を覚えてしまっているから』です。

 

自分の部屋のモノがどんどんなくなっていく快感、

その快感をもっと得ようとして何も考えずに勢いで捨ててしまっているのです。

 

それこそが断捨離に失敗する一番の理由です。

 

ピカピカになっていく部屋をみて気持ちがいいと思うのは当然のことだと思います。

が、断捨離に失敗しないためには冷静さを持つ必要もあります。

なので、失敗しないために捨てるときには勢いに任せずに一度冷静になってから考えてみましょう。

 

特に必要か必要ではないのかわからないものに関しては、少し時間をおいてから判断することをおススメします。

 

「判断力」の磨き方 常に冷静かつ客観的な選択をする技術 (PHPビジネス新書)

「判断力」の磨き方 常に冷静かつ客観的な選択をする技術 (PHPビジネス新書)

 

 

 

自分が使っている姿を想像する

 

f:id:kaaa_booo:20180925214233j:image

 

モノを捨てるときに聞くフレーズNo.1

「そのうち使うかもしれない、、」

 

こう思うものはほとんどの場合が使わないので捨ててしまっても大丈夫なのですが、まれに後悔することがあります。 

 

だったらどうしたらいいのか?

 

「想像してみてください。」

 

将来そのモノを使っている自分の姿が想像できるでしょうか?

もしできるのならば置いておくべきです。

でもできないのなら捨ててもかまいません。

 

「この服を捨てたらもったいないと思う。

でもこの服を着ている自分を想像したらダサい。」

 

だったら迷わず捨てるべきです。

 

 

今の自分がダサいと思っているものが将来必要になることなんてありません。

なので断捨離に迷ったときは将来の姿を想像することで捨てるのか捨てないのかを判断して下さい。

 

 

 

 

天秤にかける

 

f:id:kaaa_booo:20180925214222j:image

 

さいごは『天秤にかける』です。 

 

何と何を天秤にかけるのかというと、

捨てたいものを管理するために使う体力(掃除とか整備など)

そのモノを捨てることによって生まれる時間

を天秤にかけてみてください。

 

例えば服を捨てるかどうか迷っているとします。

もしその服を捨てないとすると、毎朝のコーディネートで一着分迷う時間が出ます。

時間にして5秒もないでしょう。

 

ですが、その5秒が問題なのです。

 

1日なら5秒かもしれませんが、1年で30分です。

例ではそれが一着ですが、もしそれが10着になれば??

 

そのようにいらないものを置いているだけで無駄な時間が増えていくのです。

今回は服を例に挙げましたが、ほかのあらゆるものでも同様です。

 

なので断捨離に迷ったら『天秤にかけてみる』というのも後悔しないためには必要なポイントです。

断捨離の後悔とは捨て過ぎてしまうことだけだはありません。

断捨離をしたのにモノを残してしまい過ぎるということも後悔になりうるので、迷ったときは天秤にかけてみてください。

 

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

 

 

 

まとめ

 

ポイントをまとめると、

・勢いで捨てない

・使っている姿を想像する

・天秤にかける

です。

 

モノを捨てすぎてもモノを残し過ぎても断捨離は後悔するので、バランスのよい断捨離をこのポイントを抑えながら取り組んでください。

 

より良い断捨離ライフをお過ごしください!!

以上断捨離を後悔しないためにでした。

 

 

www.sunaoni.net

 

スポンサーリンク