かーぼーが考える大学に行くべき3つの理由

スポンサーリンク

 『大学なんて本当に行く意味があるのだろうか?』

 

 高校生の君ならそんな風に思うかもしれません。

 

「大学のブランド名をもらうために行くんでしょ?」

「新卒採用でいい企業に入るために就活するんでしょ?」

 

たしかにそれは一理あります。

でもそれ以外に僕が思うもっと大切なことを今回は伝えたいと思います!

 

 

就職力で選ぶ大学 2019 (AERAムック)

就職力で選ぶ大学 2019 (AERAムック)

 

 

 

大学に行くべき3つの理由

 

1つ目;自由

 

大学に行くということは、実質4年間をお金で買うようなものです。

 

4年の自由を得るため。

 

自由を得るために大学に行くのです。

 

その買った自由な4年間で、

 

遊ぶもよし

勉強もよし

やりたいことをやるのもよし

 

4年の間で自分の本当に好きなことができるのです!

 

自由を得るためだけに大学に行くのは全然ありだと思いますよ!

 

 

2つ目;コミュニケーションを学ぶ

 

大学とは色々な人と関わりを持てる場所です。

同世代の子はもちろん、

教授

社会人

下の世代、

 

本当に色々な人と関わることができる場所です。

 

 

いろんな人と関わりを持つことで、コミュニケーション能力を高めることが出来ます。

ならばどうしてコミュニケーション能力が必要なのか?

 

うまく生きていくためです!

 

この社会は世渡り上手でないとうまくやっていけないと思います。

だからこそうまく生きていくためにはコミュニケーション能力を学び、より良い人間関係を構築していく必要があります。

 

 

もしより良い人間関係が築けないとどうなるのか?

こんな話は聞いたことがありますか??

 

高卒入社の3年目までの離職率は約40パーセント。

10人いたら4人の学生が3年目までに辞めてしまうのです。

 

それはどうしてなのか??

 

「やりたい仕事につけなかった。」

あるかもしれません。

他には??

もしかしたら人間関係が関わっているかもしれません。

 

社会の暗黙のルールを知らないが故に足をツッコミ地雷を踏んでしまった。

あるかもしれませんよね、、、

 

それを避けるためにも上質なコミュニケーションスキルを身に着けて、円滑な人間関係を気づきあげるために大学をおススメします。

 

 

3つ目;自分が何者を知る

 

なによりこれが一番大きいのではないでしょうか?

特にこれが学べるのは就職活動の時期です。

 

 

www.sunaoni.net

 (ちなみに誰よりも早く内定が欲しい人は過去記事がありますので、

そちらを参考に)

 

 

就職活動をするために欠かせないものがあります。

それは自己分析。

 

 

www.sunaoni.net

( 自己分析についてはこちらの記事を)

 

自分が何者か、どんな性格、どんな価値観をもって今まで生きてきたのか? 

就職活動では自分を自分で分析します。

 

自分を客観的に分析して長所は何か、短所は何か。

自分自身を知ることができます。

 

それは普段の生活からではなかなか気づけないことでしょう。

「自分はゲームが好きだ。」

普段なら、そこで終わってしまいますよね?

 

でも自己分析はその先も考えるのです。

 

『自分はゲームが好きだ。

どうして?

攻略するのが楽しいから。

どうして攻略するのが楽しいの?

達成感が得られるから。』

 

こんな風だったら、達成感が好きという性格なんでしょう。

 

そんな風に本当の自分とは何者か知ることができることも大学に行く理由の一つです。

 

 

さて最後に

 

僕は高校生の時には

「大学なんて絶対に行ってやるもんか。

勉強なんてしたくないし、就職してやる!」

と思っていました。

けれど親の意見があって大学に行くことにしました。

 

たしかにあの時は勉強が苦痛でした。

 

でも今は本当に大学に行っておいてよかったと思っています!

大学に行ったからこそ気づいたこと、学んだことが多くあるからです!

 

僕は決して大学は勉強だけをしに行く場所だとは思いません。

自分を成長させるための場所、学ぶための場所だと思います。

 

多分高校生の時にはまだわからないかもしれないけれど、

大学に行って卒業する時にはわかると思います!

 

これが僕が大学をオススメする3つの理由でした!

就職力で選ぶ大学 2019 (AERAムック)

就職力で選ぶ大学 2019 (AERAムック)

 

スポンサーリンク