待って!賢い頭で考えるのは本当にそこ!?

スポンサーリンク

A

1に行動

2に努力

3、4も努力で

5に悩む

 

B

1に悩み

2も悩む

3、4も悩んで

5はやらない

 

 

この上に書いたAとB

あなたのタイプはどちらですか??

 

f:id:kaaa_booo:20180809102259j:image

 

 

 

 

最初が肝心

 

この上の2つを見てあなたならどっちを選択しますか??

「A?」

それとも

「B?」

 

ちょうど半々ぐらいではないでしょうか?

AもBもどっちが悪いってことはありません!

その上で何の違いがあるのか軽く考えていきましょう!

 

Aの人間 

 

Aを選ぶ人は

『思い立ったら即行動!』の精神。

 

何事もまずは取り掛かってみる。

そして頑張って頑張って頑張って、

そこで壁にぶつかって

始めて考える。

 

このようにAは、

とりあえず行動さえすれば、失敗したって自分に得られるものがある!

それを信じて行動する。

そして超えられない壁が出てきて初めて頭を使う。

 

『壁を超えるために頭を使う。』

Aの人はそんな考えを持っているでしょう。

 

Bの人間 

 

対照的にBを選ぶ人は、

『安全第一!の精神。

 

まずは考える。

次も考える

またまた考えて、

出した答えは

結局やらない

 

このようにBの人は、

はじめに頭を使います。

 

「これははたして自分がやって良いものか?」

「やったところでメリットやデメリットは何か?」

「本当にやる意味があるのか?」

「あれ?意外とやる意味がないかもしれない。」

「じゃあやらないでおこう。」

 

とやるかやらないかの段階で頭を使っているのです。

 

『壁に立ち向かうかどうかに頭を使う。』

Bの人はそんな風に頭を使うでしょう。

 

 

最初の選択

 

さてどうしてこんなにも違いが出てくるのでしょう?

 

それはもうあなたも分かっていますよね、、、?

 

「ズバリ最初の選択です。」

 

最初の選択でその後の行動は既に決まっているのです!

 

最初に行動した人は

「もう失敗するしかない!だって、いきなり成功する人なんて絶対にいないから。

でもその上で出来るだけ失敗しないように頑張ろ!」

 

逆に最初に考えてしまった人は、

「これをやって成功するのか?いきなり失敗するなんて絶対にいやだ。

だったら失敗したくないからやらないでおこ!」

 

そうなってしまうのです。

 

 

僕の意見

 

AもBもどっちが悪いとかはないと思います。

 

でもどっちかおススメするのなら僕はAです!

 

「せっかくならやってみましょうよ!」

 

「失敗したってやってみましょうよ!」

 

そのために考える頭があるんです!

 

失敗するかどうかを考えるために賢い頭があるんじゃない!

成功するためになにをすればいいかを考えるために頭があります!

 

もしあなたが悩んでしまった時は

その時こそこの話を思い出してください。

「はたしていまは考える時なのか?」と。

 

www.sunaoni.net
 

スポンサーリンク