【アイデアの悩み】僕なりの簡単なアイデア出しの方法。

スポンサーリンク

「いいアイデアが思い浮かばないぃ!」

 

せっかくブログをやり始めたのに、書くことがなくて困っている人はいませんか?

そんな時アイデアが「ぽんっ」って浮かべば最高ですよね。

 

今回はそんなアイデアが生まれるために僕がしていることを紹介します。

 

f:id:kaaa_booo:20180807114916j:image

 

 

 

 

アイデアについて

 

アイデアのために僕がしていることを紹介する前に、

まずアイデアがどのように生まれるのか流れを紹介したいと思います!

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

アイデアが生まれるフロー

 

・アイデアの基となる情報を集める。

・集めた情報について考える。

・情報同士が結びつかないのか考える。←(ここで生まれる)

〜〜~(一度時間を置く)~~~

・ふとひらめく←(ここで生まれる)

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

アイデアが生まれるフローはこんな感じです。

上のフローを見て、アイデアが生まれるのは2回あることが分かりますよね。

 

さてこの2つのアイデアには違いがあるのでしょうか?

あなたはどう思いますか?

 

僕はこの2つは別のものだと思っています。

 

 

①・②の違い

 

データを分析してすぐにひらめく。

データを分析して一旦時間を置いてからひらめく。

 

果たしてこの違いに何があるのでしょうか?

 

それは意識的無意識的かどうかということです!

 

は分析をしてそのままの頭で考えています。

ということは脳はフル回転したまま、

「よし、アイデアを生み出してやるぞ!」

と意気込んでいるのです。

 

対照的には、

分析をしたけれど、一度脳をリセットしています。

ということは?

リラックスした状態でアイデアを生んでいるのです!

 

 

これらが①と②の違いなのですが、

「どっちでも良くない?」

と思っている人はいませんか?

 

たしかにアイデアを生むのにはどちらでも構わないのですが、

アイデアの質が違ってきます!

 

 

www.sunaoni.net

 

 

アイデアの質

 

例えばのアイデアでは、情報を調べ、分析しその頭でアイデアを出そうと脳は動きます。

なので、生まれてくるアイデアはその情報に対して深く専門的なものになってしまいます。

 

けれどは一回脳を落ち着かせています。

なので、生まれてくるアイデアは一般的かつ庶民的かつ、専門的なものになります!

冷静に判断することで一般的な感覚を取り戻すのです。

 

普段なら日常の中でなんとも思わないヘンテコなものなのに、

脳の奥には専門的な知識が入っているのです。

それこそがのアイデアを生むのです。

 

庶民的×専門的

 

これこそがアイデアの正体なのです。

 

 

そこで質問! 

 

なかなかアイデアが生まれない人はのアイデアを出すところで止まっていませんか?

 

「アイデアを出すために考える。

アイデアでた!

でももっとアイデアが欲しいなぁ。

よしじゃあまた始めっから考えよ!」

 

これがなかなかアイデアが出ない理由なのです。

どうしてなのか?

アイデアを出すために考えているからです。

 

毎回アイデアを出すために考えるという行為をするからアイデアはなかなか出ないものだと僕は思っています。

 

『考えないでアイデアを出す。』

そのためには僕がなにをやっているのか?

簡単です。

 

無意識的にアイデアが生まれるくらいに好きになるのです。

 

 

例えばブログの記事なら、

 

アイデアを考えようとするからしんどいのです。

自分のブログを好きになりさえすれば、常にその事だけを想ってしまいませんか?

寝ていても考えてしまう。

それが無意識的に生み出すには必要なことなのです。

 

(((好きな人のことを無意識的に考えてしまうのと同じです、)))

 

ブログを書くためにアイデアを考えるのではなく、

ブログのことが好きだから、無意識のうちに出てくる。

 

それこそがのひらめきです。

 

 

それができるようになれば本当にアイデア出しは楽になります。

どんなことでも「書きたい!」と思うからです。

だってそれは好きだから、、、

 

 

まとめ

 

『アイデアを生み出す』

それがたとえブログでなくてもいいのです。

仕事でなかなかアイデアが出ない。

それはその仕事を好きになれていないからかもしれません。

 

アイデアを考えるために頭を使うのも時には必要ですが、

考えるために頭を使っていれば、いつか疲れてしまいますよ、

 

だったら好きになって、無意識下でアイデアを生みましょう!

 

これが僕の考えるアイデアの出し方です!

 

 

www.sunaoni.net

 

スポンサーリンク