『明日やろう』は『バカヤロウ』

スポンサーリンク

 

f:id:kaaa_booo:20180806110455j:image

明日やろうはバカヤロウ

 

僕はとっても意思が弱いです。

宿題も後回し、嫌なことも後回し、

そんな風に逃げてきた人生でした。

 

でもそんな僕でも心に残っている言葉があります。

明日やろうはバカヤロウ

 

「今できないのなら明日になってもできないよ。」

という意味なのですが、

納得です。

 

 

意思の弱い僕 

 

特に僕みたいな意思の弱い人間ならなおさらです。

 

「明日の自分を信じて今日は休も!」

僕はよくその考えに首を絞められました。

 

今できないことなんて明日もできないし。

明日できないことなんて明後日できない

 

だから意思が弱い僕はこの言葉をいつも心の隅っこに置いてあります。

 

そのおかげで嫌な課題、決断しなければいけないことにぶつかったときに、

「明日やーろう。」

とは考えなくなりました。

 

だって自分は意思が弱いから明日の自分に託しても信じられないから。

 

どうせ今自分が楽したって、いつかはやらないといけない。

いつかやらないと分かっているのに、

一度明日に回してしまうと

もう最後。

〆切ぎりぎりまでやらない。

それくらい人は意思が弱いのです。

 

明日は明日の風が吹く

 

明日になれば明日やらないことがまた出てきます。

明日は明日の風が吹く。

そんな言葉もあります。

 

だからできるときにやるべきなのです。

 

 

明日の自分を信じた自分

 

特にこういう経験はありませんか?

学校のテスト勉強の時に、

 

「やばい、全く勉強してない!でももう深夜じゃん。

もういいや、どうせ夜に勉強しても頭に入らないし、

明日の自分を信じて、一回仮眠しよ。」

 

そして朝がきて時はすでに遅し

 

 

学生の頃に一度はあるあるな経験ではないですか?

 

ちなみに僕はよくしていました、、

「よっしゃ、もうこんな時間から勉強したって集中できないから、明日の朝しよ!」

けれど朝に起きて勉強をした試しがありません、、、

 

それくらい僕は未来の自分を信じられないのです。

 

www.sunaoni.net

 

 

まとめ

 

明日には明日やらないといけないことがあるのです。

 

だからもしあなたが

「やりたくないなぁ、明日やろ。」と思ったのなら、

 

「明日やろうはバカヤロウ」と言葉にしてみてください。

 

言葉にしてしまえばあなたはきっとできるはずです。

 

バカヤロウかどうかは今の自分で決まります。

 

 

www.sunaoni.net

 

スポンサーリンク