心配事はほとんど起こらない。起こる人はそれを求めている可能性があるかも、、?

スポンサーリンク

心配事のほとんどは起こりません

意外とあなたも実感しているのではないでしょうか?

あれだけ心配していたのに、いざやってみたら何もなかった。

あんなに心配することが無駄だった。

そんな経験って多くないですか? 

f:id:kaaa_booo:20180802225432j:image

 

本文

 

人って物事を始めだすことに不安を覚えてしまいがちです。

だから多くを心配してしまいます。

でも、その抱いている不安ってほとんどが現実にならないことなんです。

 

 

例えばみんなが一度は経験する受験

不安ですよね。

 

人生の中でほとんどの人が不安を抱くライフイベントだと思います。

僕も受験に対しては多く心配を抱いていました。

 

「受験に失敗したらどうしよう。

この先の人生が終わってしまうかもしれない?」

 

けれど、そんな心配は無駄だったのです。

 

受験を失敗するかもしれないと思っていたけれど、結果は合格。

人生も終わることなんてなかった。

 

意外とあなたもその出来事が済んでしまったら、「何のために心配していたんだ、、」

と思うこともありませんか?

多くの人は意外と無駄な心配をしてしまっているのです。

 

もちろん受験には失敗する人もいます。

 

抱いていた不安が現実になり、受験を失敗する人。 

 

でも人生が終わることなんてなかったですよね。

受験に失敗したから人生が終わる。そんなことはないです。

 

受験に失敗して、人生を終わらせようとしている人はいるかもしれませんが、

生きているならば、人生は進んでいます。

 

 

 心配事がその通りになるときもありますが、全部が全部なることはないのです。

「そんなことはない!私は全部心配事のほうに進んでしまう!」

そういう人がいるとするならば、自分がその方向に持っていっている可能性が高いです。

 

なぜそんなことをするのか?

自分が不幸であることが、自分にとって都合がいいからです。

 

「自分が失敗している」「人生が終わったようにしている。」

そう見せることで人からの優しさを得ようとしているのです。

 

このような人は自分から心配事が現実になることを望んでいるので、実際に起こります。

 

でもあなたがこのような人でないならば、大丈夫。

絶対に全ての心配事があなたの身に降り注ぐことなんてないです。

 

だから悩み過ぎず気楽に生きましょう。

 

 まとめ

 

理想は現実になる。

この言葉は真実だと思います。

 

想像することで自分がその方向に進んでいくのです。

なぜなら、自分の未来を見ているから

だからどうせ心配するなら、良いことを想像しましょう。

 

それが幸せに繋がっていきます。

スポンサーリンク