自分のできないことを嫉妬している時点で負けピーポー

スポンサーリンク

質問

①「あの人にできて、自分はできない。

でも大丈夫。

絶対に頑張ればできるもん。」

 

②「あの人にできて、自分はできない。

くそっ、ムカつく!

どうせあいつも失敗するだろう。」

 

いつも口にしていることを文章にするだけでこんなにも冷静に見ることができます。

そして冷静な状態で判断してみてください!

 

どっちが成功しそうですか?

 

僕の答えは①です。

 

 

www.sunaoni.net

 

 

なぜか?

それは①の方が可能性を感じるからです。

多分これを読んでいる人なら気づいているとは思いますが、

①からは向上心が感じられます!

「自分はまだまだやれる、こんなもんじゃない。」

そういった言葉が①の文章から読み取ることができるのです。

 

 

では②は?

僕はこう感じました。

「できないことを自分のせいにはせずに他人のせいにする。

そして、負けたくないから相手の失敗を望み、自分との距離を詰めようとしている。」

 

このことについて僕は言いたいです。

 

自分ができないことに対して嫉妬している時点で負けだと。

 

 

 

また先ほどの例文で考えてみましょう。

 

①の文章からは嫉妬は感じられませんよね。

自分ができないから、自分が頑張って追いつこうとしている。

決して、できない理由を人のせいにはせずに、向上していこうと頑張っている。

 

じゃあ②は?

僕はそこから嫉妬を多く感じます

嫉妬するだけで自分は行動しない。そして、人を羨んだり落とそうとしたり、それだけ

 

どうしてそこまで言うのか、、、

 

僕がこの②の人間だったからです。

 

スポーツで勝負した時も、

「はぁぁぁ、ずるっ!才能の違いだ!」

テストの点数を勝負した時も、

「テスト勉強しすぎじゃん!もっとノー勉で挑めよ!」

など多少ネタはあったものの完全に②の人間でした、、、

 

でも変われた

 

『あなたが勝てないのはあなたのせい。』

ある一冊の本が教えてくれました。

 

 

www.sunaoni.net

 

 

ここから僕は人のせいにするのをやめました。

負けても自分のせい自分の努力が足らなかった。

そう考えて生きていくようになりました。

それが今の生活を楽しませてくれているように感じています。

 

 

このことから何を言いたいかというと、

嫉妬からは何も良いものは生まないということです。

 

相手を妬む気持ちで嫉妬しても羨む気持ちで嫉妬をしたとしても

一歩もその人に近づくことはないし、嫉妬している時間が無駄になる。

 

その時間があれば、ライバルに少しでも追いついた方が有意義ではないでしょうか?

 

 

かと言って嫉妬をするなといっているのではありません。

こういう考えもあるということを伝えたいのです。

 

・嫉妬をして時間を無駄にするか

・自分を向上させていくか

 

決めるのはあなたです。

 

 

www.sunaoni.net

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク