真面目だけが取り柄の人。この先ピンチかもしれません、、、

スポンサーリンク

 

真面目だけが取り柄になってしまっている人

そんな人っているの?」

「いてます!僕の過去の話なのですが、中学生の頃に超がつくほどのマジメちゃんがいました。

その子は授業を真面目に受けノートも完璧にとっている手を挙げて積極的に質問もしている

なのにテストではいい点数がとれず、スポーツもできない。

だからその子は真面目だけが取り柄だったのです。」

 

f:id:kaaa_booo:20180801212559j:image

 

本文

決して僕は真面目が悪いことだとは思いません

むしろ当時はその友達に対して尊敬までしてました。

 

「テストやスポーツで結果は残せないものの、ここまで真面目取り組むことができるんだ。」と。

 

あなたの友人にもいませんか?

尊敬できるくらいの真面目な人が。

 

 想像してみてください。

そんなマジメちゃんが社会に出て、どうなるのかを?

決まり切った仕事をルーティーン的にこなす。

言われたことはまっすぐにやる。

 

 そのように会社のために動いていれば貴重な人材としてとっても喜ばれるでしょう

あいつは素直で良いやつだ。」

これだけ真面目にやってくれて嬉しいよ。」

そうもてはやされるでしょう!、、

今までだったら

 

「?」 

この言葉に疑問に思った人もいると思います。

僕も以前はわかりませんでした。

 

 

ここからはその真意を説明します。

 

真面目だけではやっていけない。

その意味とは何か?

簡単です。

真面目という個性に価値がなくなっていくのです

(ここでいう真面目とは機械のように従うことをいいます。)

 

「機械のように、、、?」

 

言いたいこと理解できたでしょうか?

 

真面目とは機械のように従うのです

 

だったら、、?

 

機械で代用が効くのでは?

 

いや、むしろ機械の方が完璧なる真面目

逆らうことがなく疲れることもない

 

だからこそ!

真面目だけが取り柄の人はピンチなのです。

 

以前だったらロボットが人に変わって仕事をするなんてありませんでした。

例えば車、

初めは人力車だったのに、今では自動運転まで出てきています。

 

世の中が便利になるのは嬉しいことです。

が、便利になるということは要らなくなるものもあるということです。

便利さゆえの弊害」

 

それが車でいう人力車だったり、人でいう真面目さだったりするのです。

 

どれだけ真面目だとしてもロボットに勝てるくらいの真面目さがあるわけではありません。

だってあなたは人だから

 

だったらどうすればいいのか。

 

簡単です。

多少不真面目になろうとも新たな価値を持っておくのです

クリエイティブさ、アグレッシブさ、なんでも構いません。

 

ロボットに負けないような価値

人だから出来るようなことを持っておいてください。

それがロボット社会に勝つために必要なことになるでしょう。

 

 

最後に

あなたが真面目だとして、悪いことはありません。

ロボットが進出したとしても、真面目な人は必要になってくるでしょう。

けれど、真面目だけが取り柄というのが危ないのです。

 

一つだけの個性で生きていく。のではなく、

マルチタスクで生きていく。

マルチタスクとはいろいろなことが出来るということなのですが、

だからこそロボットにも負けない価値できる。

個性を一つだけに絞るのではなく、色々な個性を見つけてみませんか?

 

スポンサーリンク