お酒で性格が変わる。本性はどっち??

スポンサーリンク

お酒に酔ったときこそが本当の自分

f:id:kaaa_booo:20180723235043j:image

 

あなたは友達とお酒を飲みにいきますか??

そこでびっくりするくらいに性格が変わる人っていませんか?

「どうしてこんなに変わるのだろう?」

「この人の本当の性格ってどっちなんだろう?」

と疑問に思ったことはありませんか??

今回はそんな疑問に答えていきたいと思います!

 

 

いつもの自分

あなたが普段過ごしている姿、それは表の姿です。

いつもは人から見られることが多いので気を遣って生きていますよね。

できるだけ良いように見られたいから、あなたは無意識に自分の性格を隠しています。

 

それが知らない間にあなたのストレスとなっています。

気を使わないといけないから、楽に話せないし楽しくない。

だからストレスを解消しようとする。

そのためにお酒を飲み酔う。

そして酔った自分になる。

 

酔った自分

それがあなたの普段隠している姿裏の姿です。

ストレスがたまり疲れ果てた自分を癒すために出てくる自分。

お酒に酔うことで、普段考えていること気を遣っていること

全て忘れて本性をさらけだすことができます

 

いつもは隠していた部分のリミッターを外し、誰にも気を遣わずに生きることができるからこそ楽しく感じる。

お酒に酔い、我を忘れ本性をだす

飲んでいない時に隠していた性格がお酒を飲むことで表れるのです。

それこそが本当の自分です。

 

 

お酒に酔って性格が変わってしまう人。

アルコール性格を変えているのか?

違う。

変えているというより、本当の姿を出しているだけなのです。

 

さて疑問は解決しましたか??

普段の性格が自分の性格なのか?

酔った性格が自分の性格なのか?

 

酔ったときこそがあなたの性格なのです

 

もしあなたが友達とお酒を飲んで、酔っぱらった勢いで言ってしまったことは、心の奥に隠している本当のことを言っているかもしれません。

本当のことを言って友達関係を壊さないように気を付けてください。

 

 

p.s.

お酒を飲んでストレス発散もいいとは思うのですが、

ストレスを溜めないことの方が大切だと思います。

お酒を飲まないでも自分の本当の姿をだせるような一生の友達を大学生活の中で作って起きましょう! 

 

 

スポンサーリンク