子どもの夢を胸張って応援できる?

スポンサーリンク

f:id:kaaa_booo:20180723200725j:image

 

昨日親にうちあけた。

「ねぇねぇ、夢おっていい!?」

心臓の鼓動が部屋に響き渡るほどに鳴っている。

そんな希望と不安を抱きながら聞こえた言葉、

「バカいうのは、ほどほどにしろ。」

「勉強しなさい。」

幻滅した。

親だけは信じてくれていると思っていたのに…

「けれど仕方ない…。そう思い心に蓋をしてしまった。」

 

 

親にやりたい夢を打ち明けたのにバカにされた。

どうして親は諦めるように言うのでしょう?

あなたにちゃんとした道を進んでもらいたいから?

もちろんそれも一つの意見だと思います。

けれどもう一つ考えられる事。

過去に自分も夢をバカにされ諦めるしかなかったのではないか?

だからあなたの夢信じてくれない

自分が出来なかったから、子供すらも信じてやれない。

そんな親をどう思いますか?

 

友達に対して夢を打ち明けた。

けれどバカにされネタにされた。

そんな友達も本当は自分が追いたい夢があったのではないか?

けれど他の人に言うと、笑われてしまうから言えずに諦める。

自分を肯定しようとあなたをバカにする

そんな友達をどう思いますか?

 

あなたは今大切な分かれ道に立っています。

人から言われて、笑われたくないからあきらめる。

自分の可能性を信じてくれないからあきらめる。

もしあなたが本当に追いかけたい夢があるのに諦めてしまったら?

あなたが親になったときに子供に胸を張って「夢を追いかけて」といえるでしょうか?

 

自分が追わなかったら子供にも誇りをもって言えないのではないですか?

もし親から「どうせできないからやめとけ。」

そんな言葉を言われたらどう思いますか?

すらも信じてくれない事なんて

やっちゃいけないのかな…」

そんな悲しい思いを子供にもさせてしまっていいのでしょうか?

 

あなたが素直に夢を追えないだけで子供にも追わせてやることが出来ないかもしれません。

だからこそあなたは素直にやりたいことをやるべきです。

夢を笑う人なんて世の中にたくさんいます。

けれど応援してくれる人も必ずいます。

あなたの子供が夢を追いたいと言ったときに、

誰よりも応援してやれるように

心から応援してやれるように

あなた自身がやりたいことを悔いが残らないくらいにやりましょう

 

スポンサーリンク