『感謝』の気持ちを忘れると人は動かない…

スポンサーリンク

 

『どうしてついてきてくれないんだろう…。』

 

リーダーにとっては深刻な悩みだと思います。

 

「このプランで進めたい!」と思っているのにみんなが納得してくれない。

 

それってあなたの伝え方の問題かもしれません!

 

例えば、部活動のキャプテンが、

 

「絶対に試合に勝ちたいから、お前ら俺に従え。」

 

ここまではっきりいう人はいないと思いますが、

もし言われた時あなたならどう思いますか?

 

「無理矢理引っ張っている感じが嫌。」

「勝手にしろ。」

「偉そうにして。」

など思いませんか?

 

けれど、キャプテンも決してわざと言っているのではありません。

 

『キャプテン』の責任を感じているからこそ言ってしまうものなんですよね。

 

責任を感じることは本当に大切なことです!!

みんなのために何かしないといけない。

そもそもみんなのことを考えない人はキャプテンにはなれません。

 

けれど、絶対に

『独りよがり』になってはいけません!

 

ついてきて欲しいと思うのであれば、あなたはみんなに『感動』を与えないといけません。

 

感動といっても泣かせるような話をするのではありません!!

 

『相手の心を少しだけ動かすのです!』

 

「???」

頭にはてなマークが浮かんだ人はいませんか?

『感動』は人を動かす力を持つのです!

 

実際に経験がありませんか??

 

例えば、

あなたの起こした行動が先輩や家族などに感謝されます。

そしてあなたは感謝されて嬉しくなった。

嬉しいからこそ人のためにまた行動を起こしてしまう。

 

これからもわかるように、嬉しいという感動があなたを動かすのです!

 

この例からわかるように『感動』を与えることは決して難しいことではありません。

 

『感謝』を伝えるだけでも人の心は動きます!!

 

『ありがとう。』

その一言だけで十分です。

これだけでみんなはついて来てくれるようになります!

 

リーダーになったから偉いのではありません。

リーダーというものは役職です。

それによって人の立場が変わるとは僕は思えません。

 

リーダーだとしても対等な関係を崩さず、

謙虚な気持ちで

感謝を忘れずにすること。

 

それが人を動かします!!

 

 

スポンサーリンク